« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

みぞれまじりの桃のお節句

生憎のお天気になりました、蛤のお吸い物、ちらし寿司そして白酒など形どおりの事一応やりました。えっ?何で女の子のお祝いがあるのか?と、かつてインドで問い詰められた事を思い出します。ユネスコの、世界寺子屋運動の支援を始めて間もない頃の事、初インド訪問の時でした、スラムの中の寺子屋で急しつらえの壇上で語り歌うわたくしを取り巻いた男達は、何で女のくせに!という目で見ていたのですが、鯉のぼりの歌が喜ばれたので、男の子のお祝いの後は、女の子のお祝いと、ひな祭りのうたを歌ったその時、何で女の子がめでたいのかと質問攻めにあったのです。あれから十数年の時を経てインドのスラムの情勢はどの位変化をもたらしたのでしょうか?木の影に隠れ、サリーで顔を覆い被せた女性達はこの変化の波に平等に乗れて行っているでしょうか?それとも、女の子はまだ、望まれない命のままなのでしょうか?白酒が少し苦くなる思いです。

| | コメント (1)

〓春なのに〜

又雪ですって?久し振りの春の陽射しだったのに、目まぐるしい事ですね。もう、まんさくの花見ましたか?ミモザは?春一番の美しさをご近所のどこかで見つけるお散歩は限りなく幸せになりますこれはタンポポ、春咲くお花は黄色系が圧倒的に多いそうですね、わたくしも好きなお花は、真っ白や黄色かな。もう少し暖かくなったら、菜の花畑を見に行きたいと思います。もう強く思う事はなんとかして実現させたいと思いようになりました。先を急ぐ訳ではないけれど、 我が家の漏梅、黄色いお花が散ってしまったらすかさずこんな立派な葉っぱが生まれました、凄い生命力でもう2ヶ月近く私に元気を与えてくれます、毎朝、ありがとう、ありがとうと言ってしまいます ハートのプラント見つけましたよ。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »