« 冬眠状態? | トップページ | 蝋梅に鶯? »

な・なんと、蝋梅だったのです!

蝋梅、ろうばいと読みます、狼狽ではありません、春一番に咲く黄色の小さなお花です。よく見えますか?私は感激しています。実は1月9日館林の県立美術館で歌わせて頂いた、ニューイヤーコンサートの折りに頂いた花束の中に二本の大きな枝が混じっていました、とても花瓶の中で育つなんて想像もつかなかった、ただの木の枝でした、でも今年はあの、金色柳の感動があったので、もしかして?と毎日水切りしながら様子を見ていたのです、お水を替える度に、どんな葉っぱを出すの?と文字どおり発破をかけたり、いやいや期待し過ぎちゃいけないと自分を諫めたり、、ところがなんと!いきなり、そう突然パッと開いたのは黄色い小さなお花でした!正に枯れ木に花!の可憐さ、急いでネットで確認、憧れの、蝋梅だったのです。花束の中の、添え物?のような木の枝がこんな命を隠し持っていたなんて、嬉しくって感激してます。館林のお花やさんはとても良いお花を下さったのですね、そのお花を選んで下さった、美術館友の会ね皆様のお心遣いに又感謝です。      ニュースです、今日からわたくしのHPリニューアルオープンしました、是非お遊びにいらして、覗いて見て下さい、ご意見も聞かせて下さいね。もうすぐ節分、柊とお豆と鰯、変な取り合わせだけど母もやっていた決まりごとなのでお玄関に飾りました、あなたは?

|

« 冬眠状態? | トップページ | 蝋梅に鶯? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。