« 花冷え | トップページ | 花疲れ? »

次郎長さくら

一月いんで、二月は逃げて、三月去って、、と言いますが早いですね~さくらが咲くともうすぐに一年のワンクールが過ぎてしまうのですもの。東京の街もこんなに桜が多いのかといつもこの時期感激します。昨日今にも落ちて来そうな白い空を気にしながら、青山墓地を小一時間歩きました、歴史を飾った方々のお名前を墓石に確認しながらほとんど満開のお花をしっかり胸に刻みました。刻む?というのは、来年も見られるかしら?と思うからです。まだ早いわよ!と友人にたしなめられたけど、年齢では無く何故かさくらって私の心を正直にし過ぎたり、あわてさせたりするのです。

29日は、清水ユネスコ協会の30周年記念講演会へ、清水ユ協はこれで3回もお呼び下さりお友達もたくさんだが、今回は会員でない方も多く、初めての「寺子屋運動」の事熱心にお聞き頂き、大いに励まされました。
開花宣言今年一番乗りは静岡でしたよね、朝陽、富士山、お花と堪能しましたが、「清水市」が無くなっちゃったってご存知?そうなんです、今は、静岡市清水区 なんですって!次郎長親分怒ってないかな?
いしまっつぁん両目とも瞑ってたりして、、

茶話会で頂いた、さくらのロールケーキ、ちっちゃなシュウクリーム、美味しかったな~クエスト ホテルだったかな~

|

« 花冷え | トップページ | 花疲れ? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。